上手なクレジットカード現金化の使い方

お金が必要になった時の方法として、消費者金融のほかにクレジットカード現金化があります。どちらも、現金を入手することには変わりありません。

しかし、両者の間には少し違いがあります。消費者金融にはない、クレジットカード現金化の上手な使い方を紹介します。

少額の借り入れなら現金化

消費者金融の融資は一万円単位が多く、必要以上に借りてしまう危険があります。また、借り入れ後は返済しなければならず、タイミングによっては周囲にバレてしまいます。

クレジットカード現金化の最少利用額も一万円単位が多いですが、なかには千円単位が可能な業者もあります。必要な現金が少額なら、返済の必要がないクレジットカード現金化が向いています。

クレジットカード会社への返済も、一回で終わります。消費者金融を利用すると借金することになりますが、クレジットカード現金化なら借金したことになりません。

そんな心理的な面からも、気楽に利用することができます。

当日中に現金が必要なら現金化

消費者金融から借り入れる場合には、審査が必要になります。早い時間に申し込めば当日融資も可能ですが、在籍確認を考えると翌日融資になる可能性が高いです。

クレジットカード現金化は借金ではないので、審査は行われません。クレジットカードのショッピング枠に余裕があることが条件で、時間や場所に関係なくスマホで申し込めます。

申し込み手続きも非常に簡単で、必要事項をフォームに記入して送信するだけです。本人確認書類の提出は必要になりますが、口座に現金が振り込まれると業者との関わりはなくなります。

個人情報ではありますが、それほど心配する必要はありません。

業者のホームページには最短15分で振り込みなどとあり、遅くても2時間程度で現金が振り込まれます。どうしても当日中に現金が必要なら、クレジットカード現金化の利用が便利です。

まとめ

少額の現金が当日中に必要になったら、クレジットカード現金化が便利です。余分な借り入れをする心配がありませんし、消費者金融のように返済日を気にする必要もありません。

消費者金融は融資までにいくつかの手続きがありますが、ネットから簡単に申し込める利点もあります。

返済が滞って督促状などが届くと周囲にバレてしまいますが、少額の利用なら心配ありません。

多くの現金化業者が、ネット上にホームページを持っています。少額からの利用が可能な業者を探して、有効的に現金化すると良いです。

クレジットカード現金化利用者必見!カードの利用停止にならない現金化の方法とは?

突然ですが皆さんは、クレジットカードの現金化を行ったことがありますでしょうか?

クレジットカードの現金化はどうしても急に現金が必要になってしまった場合の現金の確保の方法であり、多くの方がクレジットカードを用いて元気かを行っています。

大変便利な現金化の方法であると言うのです。しかしながらクレジットカードの現金化を行いすぎるとクレジットカードの利用停止になってしまう可能性があります。

カードの利用停止にならないためにも、しっかりとクレジットカード現金化の利用方法を知っておきましょう。

クレジットカードの利用停止にならないための2つのポイント

クレジットカードの利用停止にならないようにする利用方法はそれほどまでに難しいことではなく、知っているだけで簡単に注意を行うことができるポイントであるといえます。

その2つのポイントについてお話をしていきましょう。

現金化の金額を気をつける

クレジットカードの現金化はクレジットカードの会社によりますが原則として行うことができません。

ですから大きなショッピング枠の使用等があるとクレジットカードの会社に現金化がばれてしまい、クレジットカードの現金化はおろかクレジットカードの利用が行うことができなくなる場合があります。

ですから最低限自分が必要な現金化を行うように留めておいてあり、現金化を行う金額を極力少なくしてあげるということが大事です。

現金化を行う金額を気をつけるだけでクレジットカードの利用停止を免れることができると言えるでしょう。

現金化を行う業者をしっかりと選ぶ

現在では様々なクレジットカードの現金化を行う業者が存在しており、優良なクレジットカード現金化業者もいれば、悪徳なクレジットカード現金化業者も存在します。

仮に悪徳なクレジットカードの現金化業者の利用をした場合には何らかのトラブルに巻き込まれたりカード情報の流出などからクレジットカードの利用が停止されたり停止せざるを得ない状況になってしまう可能性があるのです。

ですからしっかりとクレジットカード現金化業者を選ぶ際には注意して行う必要があります。

一見このような話を聞くとクレジットカードの現金化を行うことが心配になってしまうと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまで使い方1つでクレジットカードの利用停止になってしまうと言うことなのです。

ですからこれからクレジットカードの現金化を行おうと考えている方は今回お伝えしたことを参考にし、安全なクレジットカードの現金化を行うことができればクレジットカードの利用停止にはなりません。ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカード現金化のリスクについて知っておく

皆さんはクレジットカードの現金化を利用したことがありますでしょうか?

クレジットカードの現金化を行う事は非常に簡単であり、少しお金が足りない時やお金が必要になってしまったときに簡単に利用することができる現金化の方法として多くの方が利用しており、大変良い現金化の方法であると言えるでしょう。

しかしながらこのクレジットカードの現金化にもいくつかリスクが存在しています。

このリスクをしっかりと知っておくことによってより良いクレジットカードの現金化を行うことができますから、リスクを知っておくことが大事であると言えるでしょう。

そんなクレジットカード現金化のリスクについて考えていきます。

クレジットカード現金化のリスクについてのポイント2点

クレジットカード現金化に限らず、何らかの方法で現金化を行うと言う事は少なくとも何らかのリスクが付きまとってきてしまいます。

今回はクレジットカード現金化を行うことによって生じてしまうリスクを2点ご紹介していきましょう。

金銭的には損をしてしまう取引になる

クレジットカード現金化はどうしても急な現金を必要とする際には大変良い現金化の方法であると言えることは間違いありませんが、その手軽さとスピード感を重視するがあまり、金銭的な取引には孫が生じてしまいます。

例えば10万円分のクレジットカードの現金化を行おうとしているのであれば、クレジットカードの現金化業者によって換金率は変わりますが大体8万円から9万円程度の現金化を行うことができます。

ですからクレジットカードの現金化を行うことによって、多少なりとも金銭的な損をしてしまうということがありますので、どうしても自分自身が必要とする現金分の現金化を行うということが好ましいと言えるでしょう。

金額が大きすぎるとクレジットカードの利用ができないことも

基本的にはどのクレジットカード会社もそうであると思いますが、クレジットカードを用いた現金化を行う事は良いとされていません。

ですからあまりに大きな金額が動くクレジットカードの現金化が行われるとクレジットカード会社から不正行為とみなされ、クレジットカードの使用が制限されることもあります。

またこのような方法で現金化を行ってしまった際には自己破産を行うことができなくなる可能性もありますので、こちらも自分が利用する金額以上の現金化を行うことが好ましいことではありません。

十分に注意しなければならないことであると言えるでしょう。

まとめ

クレジットカードの現金化は利用する方法さえ間違わなければとても良い現金化の方法であり、かつ手間がかからない良い現金化の方法であると言えることは間違いありません。

ですから使い方さえ間違えないようにし、このようなリスクがあると言うことを知っておいた前提で現金化を行うことによって安心かつ安全に現金化を行うことができるのです。

ぜひ今回クレジットカードの現金化を行うリスクについて知っておき、正しいクレジットカードの現金化を行ってみると良いでしょう。