上手なクレジットカード現金化の使い方

お金が必要になった時の方法として、消費者金融のほかにクレジットカード現金化があります。どちらも、現金を入手することには変わりありません。

しかし、両者の間には少し違いがあります。消費者金融にはない、クレジットカード現金化の上手な使い方を紹介します。

少額の借り入れなら現金化

消費者金融の融資は一万円単位が多く、必要以上に借りてしまう危険があります。また、借り入れ後は返済しなければならず、タイミングによっては周囲にバレてしまいます。

クレジットカード現金化の最少利用額も一万円単位が多いですが、なかには千円単位が可能な業者もあります。必要な現金が少額なら、返済の必要がないクレジットカード現金化が向いています。

クレジットカード会社への返済も、一回で終わります。消費者金融を利用すると借金することになりますが、クレジットカード現金化なら借金したことになりません。

そんな心理的な面からも、気楽に利用することができます。

当日中に現金が必要なら現金化

消費者金融から借り入れる場合には、審査が必要になります。早い時間に申し込めば当日融資も可能ですが、在籍確認を考えると翌日融資になる可能性が高いです。

クレジットカード現金化は借金ではないので、審査は行われません。クレジットカードのショッピング枠に余裕があることが条件で、時間や場所に関係なくスマホで申し込めます。

申し込み手続きも非常に簡単で、必要事項をフォームに記入して送信するだけです。本人確認書類の提出は必要になりますが、口座に現金が振り込まれると業者との関わりはなくなります。

個人情報ではありますが、それほど心配する必要はありません。

業者のホームページには最短15分で振り込みなどとあり、遅くても2時間程度で現金が振り込まれます。どうしても当日中に現金が必要なら、クレジットカード現金化の利用が便利です。

まとめ

少額の現金が当日中に必要になったら、クレジットカード現金化が便利です。余分な借り入れをする心配がありませんし、消費者金融のように返済日を気にする必要もありません。

消費者金融は融資までにいくつかの手続きがありますが、ネットから簡単に申し込める利点もあります。

返済が滞って督促状などが届くと周囲にバレてしまいますが、少額の利用なら心配ありません。

多くの現金化業者が、ネット上にホームページを持っています。少額からの利用が可能な業者を探して、有効的に現金化すると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です